お問い合わせ

BUSINESS事業案内

POLICYユーライフホームの家づくり

  • 個性を大事にしたい

    お客様一人ひとり、家づくりの“個性”があります。
    木のぬくもりを感じられるように木をふんだんに使った家にしたい方、耐震性や耐久性を重視したい方、クルマが好きなのでガレージを広く配置したい方、親子で料理を楽しめるようなキッチンにしたい方など、私たちはお客様の“個性”を大切にした家づくりをおこないます。

  • 各家庭に合った「快適な家」とは

    要望以外にも家族構成に合った家にするには、どういった間取りでどういった建材を使用するのか、家事の動線を考えた設計も重要になります。洗濯機からバルコニーは近い方がいいのではないか、クルマで買い物に行ってお米や水など重い荷物を運ぶことを考えると駐車場からキッチンやパントリー(食料庫)が近い位置関係の方が良いのではないか等、快適な生活のための家づくりのノウハウを培ってまいりました。

  • 古きも新しきも、良いものは柔軟に取り入れる

    外壁材や建具なども年々進歩しており、革新的な新素材や設備が開発されています。逆に、木造住宅では伝統的で理にかなっている工法も受け継がれています。建築業界は「温故知新」で、古くとも良いもの、新しくて良いものを融合させて取り入れてこそ、より快適な家ができると考えています。

  • 皆さまの「夢の実現」、それこそが私たちの“やりがい”

    家づくりについての打合せをしていて、皆さまの考える理想の家について話を伺うと、「こういった家庭でありたい」という想いに触れさせていただく機会があります。その瞬間に、まさに今、「夢の実現」のお手伝いをさせていただいているんだなと実感しています。そして、それこそが私たち一人ひとりの“やりがい”となっています。

  • 積み重ねてきた家づくりの知見を活かし、
    お客様とともに“永く住める家”を築いていく

    数ある住宅メーカーから弊社を選んでいただいたお客様にご満足いただくため、私たちがこれまで日々積み重ねてきた建築工法や技術、建材の知見を活かして、お客様とともに“永く住める家”を築いていきたいと考えています。

INTERVIEWインタビュー

  • 家づくりはお客様の人生そのもの。
    家族の幸せや人の一生を第一に考えます。

    代表取締役|藤貫 芳秀

  • お客様は一人ひとり、家族構成も違えば生活習慣、生活様式、価値観も違います。『家』のどこに価値を見出すのか、何を重視して建築したいかは人それぞれです。さらに、その家に住まわれる年齢や性別もそれぞれ違うご家族が、一緒に暮らしていて快適に過ごせることは「家族の幸せ」や「人の一生」に直結します。それほどまでに大事なものを商品としているという自覚を、弊社では社員一人ひとりが強く持ち、住宅の建築に携わっております。

  • 生活の変化に応じて引っ越してしまえる賃貸住宅と違って、注文住宅では建ててしまうと変化させることが難しくなります。お子様が生まれて独立されるまでの家族構成の変化など、十年、二十年、三十年と将来を見据えて設計する必要があり、そこには柔軟性が求められます。お客様には弊社で建築した住宅に永く住んでいただきたいという想いから、そういった設計を大事にしています。

  • 私どもは、実際にその家で暮らす予定のご家族と直接お会いし、その想いを伺ったうえで、生活の実態に合わせて最適な設計建築をおこないます。
    「ユーライフホームで家を建てて、本当に良かった。」と心から思っていただけるような住宅づくりを、お客様と二人三脚で、これからも一歩一歩を大切に歩んでまいります。

  • すべてのお客様に納得いただける、
    安全で快適な、愛着ある住まいを造り続けたい。

    工事部|須崎 裕司

  • 家づくりで大切なことはまず「安全」であること。そして家族全員にとって「快適」であること。そして、永く住むためには「愛着」が湧くことが重要であると私は考えます。その3つについてお話ししたいと思います。まず1つ目の「安全」ですが、一概に「安全」といっても住宅の安全には様々な種類があります。まず、地震などの災害による倒壊の危険を減らすには強度が高くて高耐久性の高い素材を使うことが挙げられます。次に、住戸内の階段などの事故の可能性を減らすために、階段の1段1段の高さを低くしたりといった生活するうえでの安全への配慮も必要となります。

  • 2つ目の「快適」ですが、ここでいう「快適」とは「家族全員にとっての快適」であることが重要です。家は家族全員で共有される空間です。誰か一人だけの快適を追求するのではなく、みなさんにとって居心地の良い空間である必要があります。旦那様でしたらガレージや書斎、奥様でしたらキッチン、お子さんでしたら自分の部屋、そして全員が集まるリビングダイニングなど。各人の空間と全員の空間そのバランスが保たれることで「家族全員にとっての快適」であるといえるのではと私は考えます。

  • 最後に3つ目の「愛着」ですが、これまでの私の経験上、住まわれる方が家に愛着を持つかどうかで家の寿命が変わってくると言っても過言ではないと感じています。愛着を持つことで常に気に掛けていただけます。家に何か変化があった際には敏感に感じ取れますし、定期的なメンテナンスを実施して大切にされることが、結果として家の寿命を延ばすことに繋がります。その家に住まわれるみなさんから愛着を持たれる家を、今後も私は造っていきたいと思います。

PROCESS家づくりの流れ

以下の流れは、土地をお持ちで、その土地に戸建てを新築する場合の流れになります。

  • 01

    ご相談・ヒアリング

    お客さまが“大切”にされていることを聞かせていただきます。ご自宅を建てる“土地探し”が必要なのか?どんな形や色がお好みなのか?どんな理想の暮らしを求めているのか?お客さまの“大切”を形にするために、ご要望をしっかりとヒアリングします。

  • 02

    調査・プラン作成・ご提案

    ご自宅を建てる敷地の日照、通風、上下水道、電気やガスなどを調査後、最適な建築プランを作成しご提案します。

  • 03

    プランをより良いものへ

    ご提案したプランを基にお話しをさせて頂きます。ご要望の確認、再検討などで建築プランをブラッシュアップし、改めて建築プランをご提案します。

  • 04

    仮契約

    プランが固まったところで、仮契約を行います。

  • 05

    詳細の決定

    ショールームでキッチン、バス、トイレなどの住設機器や、モデルルーム見学などを通じて実際のものを見て頂き決定していきます。また工事スケジュールなど細かな点も説明し決定していきます。

  • 06

    ご契約・資金計画

    全てが決まったところで、ご契約を行います。契約と合わせ資金計画についても相談していきます。

  • 07

    工事開始

    地鎮祭で工事の安全祈願を行った後、工事を開始します。工事期間中は打合せを重ねながら、より良い建物を作っていきます。建物完成時には取り扱いの説明も行います。

  • 08

    アフターサービス

    建物が完成した後は、定期点検を行います。定期点検は1年、2年、5年、10年となります。

mail

TEL:092-566-5456

受付時間 9:00 - 18:00(日/祝、第2・4土曜を除く)